1. HOME
  2. 環境への取り組み

環境への取り組み

子供たちが喜んでくれる地球の未来を実現するために

 

カーボンオフセット鉄骨という選択

 

jyurokurakan.jpg

 

2012年、再生可能エネルギー全量買取制度に賛同し、メガソーラー発電所を稼働させました。
2015年現在で、出力21MWの総発電能力を自社保有することになりました。これにより二酸化炭素削減量は1万トン
以上、森林に換算すると約2,600万平方メートルとなり、これは東京ドーム554個分の面積に該当します。自社の鉄骨
製作に使う電力分を引いても、ドーム250個分を植樹したことになります。太陽光発電での売電量が、鉄骨製作に使用
する全電力量を上回ることで、電力コストの完全ゼロ化を達成しました。
 
近年、大型優良物件の中には環境への配慮により二酸化炭素排出量を削減した建設手法が用いられる傾向があります。
当社はその傾向が主流になると判断し、そのニーズに合致させることこそが事業永続性の必要条件になると考え、
「カーボンオフセット鉄骨」実現のための大型投資に踏み切りました。
 
また、工場照明のLED化や炭酸ガスを使用した溶接ガス使用量削減の工夫など、未来の地球環境に配慮した事業運営を行っています。
 
太陽光発電施設紹介 LED・ガス施設紹介
 

太陽光発電施設 2015年10月以降総発電量 21MW(パネル敷設容量にて計算)

environment_02.jpg
 

 

ヤマネ鉄工建設工場屋根 発電量:1.5MW

シャルル=エドアール・ジャンヌレ発電所 発電量:2.6MW

environment_03.jpg environment_04.jpg
ヤマネ第10メガソーラー発電所 発電量:1.3MW こだま発電所・ピッカリくん発電所 発電量:2.1MW
environment_05.jpg environment_06.jpg
スリースマイル発電所 発電量:1.2MW ライジングサン発電所 発電量:1.3MW
environment_07.jpg risingsun.JPG
維新の里メガソーラ発電所 発電量:1.3MW 中川賢一発電所 発電量:9.6MW
environment_09.jpg P1050217.jpgのサムネイル画像
 

 

 

▲太陽光発電施設紹介トップへ

 

LED・ガス施設紹介

天井吊り下げLED 天井照明器具取替え
environment_12.jpg environment_13.jpg