1. HOME
  2. 品質管理

品質管理

 

空に伸び、大地に広がる巨大プロジェクトに、大規模構造鉄骨の提供を可能にする技術で貢献いたします。
 
Sグレード工場という最高峰評価を取得
ヤマネ鉄工建設は、建築基準法の「性能評価」により、国土交通大臣によるSグレード(スーパーグレード)という建築鉄骨の製作工場として最高ランクの認定を受けております。この評価を基にした製品品質の維持と更なる技術の飛躍を目指し歩み続けます。
 
弊社のSグレード認定番号 等(現行)
国土交通大臣「認定書」及び「指定書」の認定番号:TFBS-130938
評価有効期間:平成25年4月1日~平成30年3月31日(※)
※5年毎に性能評価の更新審査を受ける仕組みとなっております。
 

quality_01.jpg

 

quality_02.jpg

※認定書コピーを掲載しています。
 
品質マネジメントシステム ISO 9001:2008 / JIS Q 9001:2008 登録 
 ●初回登録:1999年6月1日
 ●登録番号:99QR・184
 ●発行番号:184R5-01
 ●規格適合範囲:製品/サービスの範囲(登録附属書番号99QR・184R5-01A)
         製品/サービスの範囲:建築用鉄骨の設計・開発及び製造
         有効期限:2017年5月31日
 

quality_03.jpg

 

quality_04.jpg

※登録証のコピーを掲載しています。
 
 
Sグレードとは
性能評価とSグレード(SUPER GRADE)
◆「性能評価」
建築基準法第68条26(構造方法等の認定)第3項に基づく業務であり、鉄骨製作工場において製作された鉄骨溶接部の性能について、同法施行規則第1条の3(確認申請書の様式)第1項に規定されている国土交通大臣の認定を受けるために必要な評価の審査を行うものです。
 
この性能評価業務は、国土交通大臣の認可を受けた「性能評価業務規程(性能評価基準を含む)」に基づき、実施され、適合工場には性能評価書が交付されます。鉄骨の性能評価を取得した工場は、国土交通大臣の審査を経て、大臣認定工場になりますが、そのメリットは次の通りです。
①鉄骨溶接部の性能が保証される
②しっかりした検査体制が担保される
③耐震性に優れた鉄骨を提供できる
④鉄骨製作工場の信頼性が高まる
⑤中間検査・完了検査への対応も安心できる
 
◆「Sグレード」
性能評価は国土交通省が指定する評価機関によって5年ごとに行われます。
評価のための審査は、学識経験者などの評価員・調査員による書類及び工場実態調査を経て厳正に行われ、この審査結果に基づき、下位から上位にJ・R・M・H・Sの5段階(グレード)で評価されます。
当社は、指定評価機関の株式会社、全国鉄骨評価機構により最上級のSグレードの評価を受けております。
 
 

Sグレード評価工場にて全長18mの柱製品を製作・納品

 
”丸の内パークビルディング”のメガサイズ円形鋼管柱の製作
quality_06.jpg quality_05.jpg
▲クリックで拡大します ▲クリックで拡大します
 

quality_07.jpg

quality_11.jpg

quality_10.jpg
quality_09.jpg  

 

 

厳しいチェックから生まれるヤマネブランド

製品づくりを影で支える品質管理、超音波(UT)による非破壊検査をはじめ、厳しいチェックで万全の体制を実現しています。そこから高品質のヤマネブランドを誕生させています。
 
hinshitsu1.JPG hinshitsu2.JPG hinshitsu3.JPG
寸法検査① 寸法検査② 非破壊検査